改善のために工夫したい事

女性看護師

生活環境の見直しと改善

うつ病は様々な因果関係により起こる病気です。精神病は内科的な治療が必要で、例えば脳神経伝達物質の分泌量の過多や減少が原因となって引き起こされる場合もあります。双極性障害やうつ病といった精神病のそのうちのひとつです。うつ病の場合、ストレスや人間関係の変化によって脳内の神経伝達物質が多く分泌されたり少なく分泌されたりする事で発生する病気であると考えられています。またうつ病の場合診断が難しく、一見するとうつ病でも実は双極性障害であるという可能性もあります。近年ではインターネット上において個人でもうつ病の診断チェックを行う事ができるホームページが多く公開されていますが、このような診断チェックサイトによる個人でのうつ病病状確認は、あくまで病院での診断前による1ステップであると考えておきましょう。チェックサイトなどでは文章による病状の解説が行われていますが、同じ文章でも人によって受け取り方が若干違っている場合も少なくありません。情報の受け取り方が違えば解釈の方法も違ってくるため、体調がおかしいなと思ったら自己診断ではなく必ず医師の診断を仰ぐようにしましょう。インターネット上のうつ病のチェックサイトでも比較的正確なチェックを行う事ができる場合もありますが、万が一双極性障害である可能性もあり、専門家でも確認が難しいと言われているため十分注意しましょう。双極性障害のうつ状態時に病院で診断を受けるとまれに誤ってうつ病だと診断してしまう事もあると言われますが、しかし普段で生活環境において家族との連携を大切にしながら、精神病について学んでおくことが重要です。病気を未然に防止する対策として、有効的に繋げてゆく事ができるでしょう。

病気改善のための工夫

うつは気分が沈んだり、やる気や努力が起こらなくなってしまう「抑うつ状態」が原因として発生する病気です。抑うつ状態は自信を無くして沈んでしまっている状態である場合や、自己嫌悪や人間不信などにおいて発生する可能性のある症状であるとされています。こうした抑うつ状態が長く続いてしまうと、人間の人体は様々な悪影響を及ぼすようになります。例えばよく眠ることができないとか、逆に眠りが浅い状態が続いていて睡眠不足になってしまっている、あるいは家事だけではなく、仕事においても連日全く何もしたくないなどといった症状が現れ始めます。こうした状態が続いているとさらに人間の体に不調をきたしてしまうのです。わかりやすい不調しては、消化器系の臓器の不調による便秘、食欲が出ない、吐き気、あるいは長引く頭痛といった症状などがあると言われています。こうした症状があり、なおかつ長期間気分が沈んでしまっている状態が続いている場合には専門の医療機関へと診断をしてもらう事が大切です。また、普段の生活において無理はなかったか、栄養状態のバランスは取れていたか、人間関係に不信感などはなかったか、といった生活習慣においても少しずつ見直してみる事も大切です。一般的には普段の人間関係など、生活習慣から精神病を患うことが多いとされており、こうした精神的な負担が大きくかかってしまうと身体的な不調も多く現れてしまうのです。精神的な負担をうまく取り除くためには、できるだけ無理のない人間関係を構築する、あるいは食生活のバランスを見直してみる、適度な休養を心掛けるといった改善のための工夫を心掛けましょう。