専門家でも難しい

メディカル

ガイドラインに基づいて

うつ病は、他の病気と違って、健康診断で見つけることが難しい病気です。精神疾患の専門医でも、診断が難しいといわれている病気なのです。まず、自分や周りの人が、軽くうつ病の可能性を感じたら、病院に行く前にセルフチェックすることができます。それらには、例えば継続的に抑うつ状態である、物事への興味がなくなっているなどがあります。さらにうつ病の症状の基本的な食欲が減少、または増加しているかどうか、不眠や焦燥感がないか、気力の減退、罪悪感や集中力の低下も見ておくべきポイントです。さらに死ぬことを考えているかなどを確認します。こういった形で何か変わったことがあったら、まずセルフチェックしてみることもいいかもしれません。ただ、お話しした通り、うつ病とは診断が難しい病気です。セルフチェックは、うつ病の可能性を知るためには向いているかもしれませんが、少しでも、気になる人は、一日でも早く専門家に診てもらうことが大切です。専門機関では、診断するためにガイドラインを設けており、それに基づいて診断結果を出します。まず、専門家との面談があります。どのような症状か、ストレスにかかっていると思われる出来事、他にかかっている病気や日常生活、性格のことなどを詳しく確認されます。セルフチェックでは難しい、本人ではわからないことがわかることも多いのです。専門家は、本人だけでなく、家族と話をして確認することもあります。本人や家族と話をして得た情報をすべて集めて、専門家がガイドラインに基づいて、うつ病であるかどうか、またそれがどのくらいの症状であるのか診断結果を出すのです。

増えている検査方法

最近では病院で、精神科という呼び方をやめて心療内科と呼んでいるところも増えました。それは、精神科という呼び方ではあからさまに精神病を患っているという重たさから、人々の足が遠のいてしまったり、人に言いにくかったりという面があったためです。うつ病の患者が、数字上増えているのは、以前よりも一般的にうつ病を知り、理解する人が増え、医療機関を訪れる人が増えたことがあげられます。がしかし、逆にうつ病の患者数は、あくまでも病院や施設で、治療や診断を受けている人の数であって、実際、専門的な治療や診断を受けずに、うつ病に悩む人はもっと多いと言われています。それくらい、まだまだ専門機関に診てもらうことに躊躇している人が多いのです。また、うつ病とは診断が難しいため、他の病気と間違って診断されたり、本人が気づいていないことが多かったりしたため、うつ病であるのにも関わらず、間違った病院にかかっていることもあるのです。がしかし、うつ病が珍しくない病気になっているため、人々の理解は増え、病院や専門機関に足を運ぶ人はこれからも増えるでしょう。最近では、検査や診断方法も進歩し、さらに、今までと違う方法で症状を調べることができるようになっています。例えば、頭部に装置を装着して、頭部の血流を調べグラフ化したデータによって、客観的に、うつ病かどうかを診断する方法を用いている病院もあります。また、唾液を取って、ストレスにかかわる分泌物を調べて、それを数値化し診断するという方法もあります。